コロナ自粛の折、求められる魅力的なコンテンツ作り

テレワーク
テレワーク

コンテンツ制作

コロナ自粛でむしろ需要が高まる
コンテンツ制作

コロナ自粛でお仕事の時間の流れが変わって
しまった方も多いのではないかと思います。

私も2月下旬ごろまでの締め切りを調整しつつの
忙しさではなくなっています。

ですが、コンテンツ制作においては、
アフターコロナを見越しての需要が高まっていくものと
みられます。

多くの人がこれまで以上にネット検索や動画視聴に
かける時間が長くなり、
ネットでの買い物やサービスの利用も
格段に増えてきました。

ネットで自社の宣伝やサービスを提供しようとする側は、
チャンスであると同時にこれまで以上に
競合が多くなってくることが予想されます。

それだけに、ますますユーザーの目に留まりやすく、
サイトに長くとどまっていただける魅力的な
コンテンツ作りが必要になってきます。

診断コンテンツは
ただ自分探しや自己分析のために
あるのではありません。

自己診断コンテンツはさまざまなジャンルに
応用できます。

たとえば、

・就職・転職・人材派遣
・新製品の紹介と宣伝
・マッチングサービス
・各種サービスの告知
・マネー情報
・その他

ユーザーに楽しんでもらえる
自己診断コンテンツをセットしておけば
SNSに紐づけることで
ユーザーが御社のサービスや製品を
友人知人に知らせてくれることも多いです。

また、自己診断や心理テスト本来の
使い方として、
コロナ感染拡大による不安も高まるなか
ユーザーの方々の心に寄り添い、
励ましになるような内容もセットできます。

それによって、提供する側の誠意も
お伝えすることができるでしょう。

たとえば、
同じような状況でも、わりあい楽観的な人、
不安で不安で仕方がない人、冷静クールに行動する人。
人によって反応や行動に違いがあります。
コミュニケーションの取り方にも違いがあります。

これは一例ですが、
そういった性格分析や心理面から、
コンテンツ内容を組み立てていくことができます。

また、これからネットを利用して何かしたいと
思っているユーザーの方々に対して、
情報発信の仕方をご提案できるような
診断コンテンツ制作も可能です。

コロナ自粛の折、不安や不自由も多いですが
前を向いて乗り越えていきたいものです。

皆様、くれぐれもご自愛ください。

診断コンテンツ制作の相談先・依頼先に迷ったら中嶋真澄

診断コンテンツは何故ユーザーに好まれるのか?

自社サイトへの集客がうまくいかない、なかなかサイトの成果が上がらない。 もしくは、商品・サービスの認知拡大をしたいが、方法が分からないと困っていませんか?

「診断コンテンツ」はそんなお悩みを解決できる手法です!

◉著書120万部のベストセラー実績! ◉性格診断・心理テスト ◉各種ニーズに紐づける診断チャート ◉ロジック制作・原稿執筆・監修 など多くのコンテンツ制作を行ってきた中嶋真澄が、 あなたのお悩みに寄り添います!

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県生まれ。関西学院大学大学院修士課程修了(哲学専攻)。フリーライター、PR会社勤務を経て、単行本執筆を期に執筆活動に専念。1995年、本書のテーマであるエニアグラムと出会い、ライフワークとしての性格研究に取り組む。2000年より、毎月欠かさずエニアグラムのワークショップ、セミナー等を開催。参加者にとって信頼できる場を提供するため、スモールグループでの分かち合いを大切にし、今日まで継続している。2004年、永岡書店より出版の『ココロの本音がよくわかる魔法の心理テスト』がベストセラーに。心理テストブームを巻き起こした。テレビ・ラジオ等への出演・心理テスト監修も多数。『ドキッとするほどホンネがわかる心理テスト』(池田書店)『面白過ぎて時間を忘れる心理テスト』『楽しすぎて止まらない心理テスト』(三笠書房)など、心理テストに関する著書は累計120万部を突破。また、エニアグラムをベースにした性格診断・自己分析ツールは、商品キャンペーン、イベント、人材マッチングその他、Web集客等にも有効なツールとして、一般企業、放送局、イベント会社等幅広いジャンルに応用できるため、大手企業等からのコンテンツ制作の依頼も多い。 20代後半からジム通いを続け、40代で易占を学び、占いスクールで周易入門の講座を持つ。50代からヨーガを始め、全米ヨガアライアンス200を取得。コロナ後は渋谷から出身地の徳島県阿南市に居を移し、リモートワークとオンライン講座を中心に活動している。現在は、地元のフィットネスクラブで、趣味の有酸素運動と筋力トレーニングを行いながら、マインドフルネス・コンパッション・ヨガを実践。ロードバイクが趣味。