ズバッとココロジー 中京テレビ「ストライク!」心理テスト出題中

お茶の間で楽しめる心理テスト

中京テレビ「ストライク!」
本日 6月25日(木)ズバッとココロジー!
心理テスト制作・監修しています。

番組スタート午前11時25分~。
番組は、愛知・三重・岐阜方面にて放送されています。

中京テレビ「ストライク!」

ズバッとココロジー

中京テレビ「ストライク!」

心理テストが不安な時代に求められる理由
これまでの経験から、心理テストの人気が高くなる時期があるように思えます。世の中がちょっと不安定で、ちょっと気分が内向し、個々人が自分を振り返り、これからどうしたらいいのだろうとか、自分は本当はどう感じているのだろう、本当の気持ちはどうか?などと、自分を振り返りたくなるときです。

そういう時期はあまり重たい心理学の本を読むより、ゲーム感覚の心理テストの方が周りの人にも話せて、自分のことも語れるようなところがあり、そこがいいのだと思います。心理テストは、当たっているとかいないとか、いいながらも、それがコミュニケーションツールにもなるからです。

もうずいぶん前のことですが、私の心理テストを担当されていた編集者の上の方が、お酒の飲める場所で、こういう本が出たという話と、あるテストの紹介をしたら、周りの女性にずいぶんモテたそうです。

まあ、それは笑い話ですが、心理テストはいろんなところで使われています。こちらもご依頼があればお作りします。

心理テストのビジターをサイトにとどめる効果
ウェブ上などにも心理テストを載せておくと、ビジターの滞在時間が長くなります。自己診断チャートもそうですが、ビジターの直帰率がさがるわけです。

一言で心理テストと言っても、いろんなタイプのものができます。ビジターにとって魅力的なサービスや商品カテゴリーに結びつけるための導入となるようなテーマはいくらでも考えられます。

制作費を割いても、けっして損はない結果となるでしょう。もちろん、心理テストや自己診断チャートが集客ツールになることを実感しておられるクライアント・また制作会社からは制作のご依頼をおうけするわけですが、一度もそういうものを導入されたことのない会社などでは、担当の方が心理テストや自己診断チャートをやりたいとご連絡をいただいても、最終的に上の方からのゴーサインが出ず、悔しいですという連絡をいただいたこともあります。たぶん、男性の上司の方でしょう。

ユーザーがいちばん興味あるのは”自分”
なぜ、心理テストがテレビや雑誌でも人気なのか、心理テストや自己診断チャートが、ビジターの興味を引き、直帰率を下げることになるのか。それは、みんな自分のことに興味があるからです。自分には全く関係のない話題や、自分にとってとくに興味をひかないサービスや商品を提示されても魅力を感じません。

はじめは興味がないと思っていたことでも、心理テストや自己診断はその方が興味のあるものを見つける導線にもなります。

【心理テストと診断チャート】中嶋真澄

診断コンテンツ制作の相談先・依頼先に迷ったら中嶋真澄





診断コンテンツは何故ユーザーに好まれるのか?

自社サイトへの集客がうまくいかない、なかなかサイトの成果が上がらない。
もしくは、商品・サービスの認知拡大をしたいが、方法が分からないと困っていませんか?


「診断コンテンツ」はそんなお悩みを解決できる手法です!

◉著書120万部のベストセラー実績!
◉性格診断・心理テスト
◉各種ニーズに紐づける診断チャート
◉ロジック制作・原稿執筆・監修

など多くのコンテンツ制作を行ってきた中嶋真澄が、

あなたのお悩みに寄り添います!


ABOUTこの記事をかいた人

著書累計120万部のパーソナリティ研究家、作家 エニアグラムアソシエイツ主宰関西学院大学文学部大学院修士課程(哲学専攻) 修了。執筆活動のほか、性格タイプに関する独自の研究に取り組み、自己理解・対人関係改善などをテーマにしたワークショップも行う。著書に、『ドキッとするほどホンネがわかる ひみつの心理テスト』(池田書店)、『ココロの本音がよくわかる 魔法の心理テスト』(永岡書店)、『面白すぎて時間を忘れる心理テスト』(三笠書房)など多数。テレビ・雑誌などでの心理テスト作成・出演も行うほか、診断アプリ・電子書籍もリリース。『エニアグラム診断とは、自己診断ツールです。9つのタイプ別に性格や思考、行動パターン、強み弱みなどを知ることができます。「こんな自分がいたんだ」と、自分でも気付かなかった魅力や能力を発見できるはずです。自分を理解することは、個性を伸ばして欠点を改善するきかっけになります。また、他人を理解することもできるようになるので、良い人間関係を構築しやすくなります。心理テストや性格診断、YesNo式心理チャートなどの制作、心理系、性格診断系のコラムやエッセイの執筆なら中嶋真澄にお任せください』